#青黒

青黒bot
11 minutes ago

「…テツ、好きだ。」「僕もです、青峰く「あっれー?黒子っち?」「黄瀬くん、桃っちが探してたっすよ?、つか青峰っちー、1on1の約束、、、」「わーってるって、わりぃな、テツ」「いえ、」 『好きだ』 青峰くんが目を逸らす理由が、初めてわかりました。 #青黒

Lenovo Legion x @PlayApex Now is your chance to rise above the rest. Unmatched performance, purposeful engineering, modern design. Gear up with a machine as savage as you are. Stylish outside. Savage inside.

僕は、ミスディレクションのために、いろんなひとを観察して、そして今まで、過ごしてきた。だから、人の変化には誰よりも敏感で、特に青峰くんはわかりやすくて… 「テツヤ、お前、」 僕しか気づいてないつもりでも、君の目にはお見通しですか 「大丈夫です」「嘘をつけ、」 #青黒

僕の光。君はバスケで僕の光になってくれました。帰りにアイスを食べたり、楽しかったですね。でもある日、君は影を必要としなくかった。君は、君だけで歩き出しました。帰りにコンビニに寄ったりそんなことすらなくなった。僕らを繋ぐものは、所詮バスケだけだったのでしょうか。 #青黒

「送信、っと、」 何故あのとき、青峰くんは拳を合わせてくれなかったのか、今でもわかりません。 僕が、やはり、彼の影としては、物足りなかったんでしょうか。 あの時、僕は光を失った、 #青黒

「テツ」 キセキの世代なのに、僕を名前で呼び、練習に付き合ってくれた君が眩しくて、僕はその光に憧れ続けてました。 今の君の光はあのときと違う。 僕の光は、そんな光じゃなかった。 #青黒

「黄瀬くん、君は光です。帝光の光として、もっと輝いてください。パス回しより、シュートに集中してください。それが、君を強くします。君はエースに慣れる資格を持っています。」「ほんとっすか?!黒子っち!」「ええ。本当です。」(君に影は渡しません) #青黒

「テツ、好きだ」 「僕も青峰くんが好きです。」 「そーゆーいみじゃねぇよ、俺は」 「青峰くん、○○○○○」 「?!なん、…でだよ、」 #青黒

「テツ」「青峰くん」「おま、なんで名字にくんなんだよ、」「…(ㅎ.ㅎ)」「なんだよ、その反応は!?」「大輝、?」「……っ?!?!?!」「これでいいんでしょうか?」「青峰くんでいい。」 #青黒

「テツから、メール…?」 「………」 新しい、光、な。 お前が消えたから、俺は影を失った。 #青黒

「テツ、…わりぃ、」 #青黒

「テツヤ、動きが遅いぞ。」「おい。赤司」「どうした。大輝。」「お前、…なんで、テツのこと呼び捨てしてんだよ、」「…呼び捨てしてはならない理由が分からないのだが。」「だから…!」「赤司くん、ちょっといいですか?何故青峰くんを呼び捨てするんですか?」「」 #青黒

「テツ」 キセキの世代なのに、僕を名前で呼び、練習に付き合ってくれた君が眩しくて、僕はその光に憧れ続けてました。 今の君の光はあのときと違う。 僕の光は、そんな光じゃなかった。 #青黒

僕は、ミスディレクションのために、いろんなひとを観察して、そして今まで、過ごしてきた。だから、人の変化には誰よりも敏感で、特に青峰くんはわかりやすくて… 「テツヤ、お前、」 僕しか気づいてないつもりでも、君の目にはお見通しですか 「大丈夫です」「嘘をつけ、」 #青黒

____________ to.青峰くん fromテツ 青峰くんは桐皇になれましたか? 僕も高校生活に慣れました。 誠凛には、火神くんという人がいて、 それは、君にとても近いです。 僕の新しい光になってくれるんでしょうかね? ____________ 青峰くん #青黒

「青峰くんは、桃井さんの、幼馴染ですよね。青峰くんと、桃井さんは、ただの幼馴染ですか?」「さつきがお前を好きなの知っててこーしてる俺が最低だっておもうか?」「思いませんよ。」(最低なのは僕の方です。桃井さんの好きな人は、きっと…) #青黒

「テツ、好きだ」 「僕も青峰くんが好きです。」 「そーゆーいみじゃねぇよ、俺は」 「青峰くん、○○○○○」 「?!なん、…でだよ、」 #青黒

「テツ」「青峰くん」「おま、なんで名字にくんなんだよ、」「…(ㅎ.ㅎ)」「なんだよ、その反応は!?」「大輝、?」「……っ?!?!?!」「これでいいんでしょうか?」「青峰くんでいい。」 #青黒

「…テツ、好きだ。」「僕もです、青峰く「あっれー?黒子っち?」「黄瀬くん、桃っちが探してたっすよ?、つか青峰っちー、1on1の約束、、、」「わーってるって、わりぃな、テツ」「いえ、」 『好きだ』 青峰くんが目を逸らす理由が、初めてわかりました。 #青黒

「送信、っと、」 何故あのとき、青峰くんは拳を合わせてくれなかったのか、今でもわかりません。 僕が、やはり、彼の影としては、物足りなかったんでしょうか。 あの時、僕は光を失った、 #青黒

「テツヤ、動きが遅いぞ。」「おい。赤司」「どうした。大輝。」「お前、…なんで、テツのこと呼び捨てしてんだよ、」「…呼び捨てしてはならない理由が分からないのだが。」「だから…!」「赤司くん、ちょっといいですか?何故青峰くんを呼び捨てするんですか?」「」 #青黒

Next Page