Kei-3

Kei-3

@Kei32417

Followers523
Following683

テニス大好き/フェデラー応援/その他サッカー・野球を中心にスポーツ好き/読書記録/政治関連時事。素人ですがストレートな意見を言い、独自の目線で分析します。面白いと感じたら是非フォローしてください! ↓ #ATP選手名鑑 を作っています。こちらもぜひご覧ください!

Joined on October 27, 2017
Statistics

We looked inside some of the tweets by @Kei32417 and here's what we found interesting.

Inside 100 Tweets

Time between tweets:
3 hours
Average replies
1
Average retweets
0
Average likes
0
Tweets with photos
5 / 100
Tweets with videos
0 / 100
Tweets with links
0 / 100

自衛隊は軍隊だ。この言説は違憲でもなければ発言に尻込みするものでもない。憲法が前文で謳う国際協調、これに反する条項があると考えるのは無理があり、すると当然ながら9条は国際法を遵守し国際秩序を守るための自衛権や集団安全保障を否定しておらず、その手段たる国際法上の軍隊は保持できる。

経済対策も過小な欧州、過剰な米国に比して及第点とのこと。失業率のじわじわ増加、給付金の未実施など僕は全面同意はしないが。 安倍政権終盤の外交の危うさは谷内正太郎・兼原信克両氏の退職が起因と見え、菅政権も不鮮明。欧米は日本を貴重な味方と捉えており、意地でもその軸足を外してはいけない

したがって、政府はリスクコミュニケーションに致命的な稚拙さがある一方、上記二方を信頼したうえでの政策判断そのものは合格点。逆にその対策を批判して危機や不安を煽るPCR主義者や西浦モデル信奉者や都医師会は傾聴に値しない。

巷間叫ばれる1月時点での入国禁止や徹底ロックダウンは非現実的だったのであり、「三密の回避」という人口に膾炙しやすいメッセージと武器である国民のモラルも含めた「日本モデル」は実はその後世界が追従している。

新型コロナウイルスの感染対策について、日本は初期から封じ込めは不可能と判断し、重症者中心の医療割当を行う抑制管理型を推進したことで、考え得る最適な結果を出した。その見事な舵取りを支えたのが押谷先生・尾身先生。

上念司・篠田英朗『不安を煽りたい人たち』 #WAC を読了。
新型コロナウイルス対策を中心に、ポスト安倍の外交、憲法9条、消費税について悪質な言論を糾弾しつつ事実に基づく冷静な議論を展開する。一日で読める爽快な対談本。各論点を深く勉強する導入としても適した一冊かもしれない。 https://t.co/oJkR02nK7z

上念司・篠田英朗『不安を煽りたい人たち』 #WAC を読了。 新型コロナウイルス対策を中心に、ポスト安倍の外交、憲法9条、消費税について悪質な言論を糾弾しつつ事実に基づく冷静な議論を展開する。一日で読める爽快な対談本。各論点を深く勉強する導入としても適した一冊かもしれない。 https://t.co/oJkR02nK7z

Kei-3
3 days ago

Quoted @Kei32417

岡部伸『イギリスの失敗』 #PHP新書 を読了。 国民投票によってEU離脱が決定した後のイギリスの現地情勢に基づき、「合意なき離脱」が国内と世界に与えるリスクを分析したうえで、今後のイギリス自身の展望も占う。直近の状況が活き活きと伝わってくる良書だと思う。 https://t.co/Y4Y4Eu8bbl

岡部伸『イギリスの失敗』 #PHP新書 を読了。
国民投票によってEU離脱が決定した後のイギリスの現地情勢に基づき、「合意なき離脱」が国内と世界に与えるリスクを分析したうえで、今後のイギリス自身の展望も占う。直近の状況が活き活きと伝わってくる良書だと思う。 https://t.co/Y4Y4Eu8bbl

岡部さんの著書は本当に読みやすい。サラリと読めるのに内容も吸収できる。文章が美しい。 本書は下掲の終盤に述べられていた明るい展望「グローバル・ブリテン」のその後と日本との関係を軸に書かれており、2冊を続けて読むのもオススメかもしれない。 https://t.co/6o8UjKSYgi

Kei-3
3 days ago

第二次世界大戦における日本軍の捕虜虐待は歴史の汚点である。しかし、マレー沖海戦で敵の漂流兵400名超を船員総出で救出したのも事実。この時の工藤俊作艦長の武士道を当事者のフォール卿が騎士道で語り継ぐことで、日英和解が進んだことも記憶したい。

Kei-3
3 days ago

第二次世界大戦における捕虜問題で長くわだかまりのあった日英両国。これが民間ボランティアの熱心な活動もあり和解へと進み、当事者たる元軍人同士が手を握る機会も増えた。

Kei-3
3 days ago

第一次世界大戦ではドイツのUボートによる無差別攻撃から連合国を見事に護衛し「地中海の守護神」と世界に賞賛された日本海軍。その記憶が受け継がれるイギリスでは日本兵が厚い尊敬とともに埋葬されている。明らかに日英同盟の破棄は歴史上の転換点であり汚点だった。

Kei-3
3 days ago

日露戦争の日本海海戦でバルチック艦隊を破った英雄・東郷平八郎元帥や戦艦「三笠」を媒介にした、現在まで続く日英友好は素晴らしい。遠すぎない過去の記憶なのがまた良く、これらは後世にしっかりと受け継がれたい。

Kei-3
3 days ago

日英同盟の陰の立役者として、義和団事件で各国公使館区域の籠城戦を指揮した柴五郎中佐の存在があることは初めて知った。勇敢で規律正しい日本軍の貢献は世界で称賛され、特にイギリスは中国権益の確保においてロシアを牽制する意図から日本との同盟に傾いた。

Kei-3
3 days ago

日英同盟の必然性は梅棹忠夫を参照したいとのこと。日本はアジアであってアジアでない。人類史を繙けば、暴力的な大陸と距離を置く志向において日英は共通。安易な日中友好などは危険であり誤り。

Kei-3
3 days ago

日本の天皇とイギリスの女王はともに「国民統合の象徴」であり国民から敬慕される。皇室王室間の交流は明治以来続き、両国関係の発展にも貢献してきた。英王室は現在メーガン妃問題はじめ大揺れ状態で、エリザベス女王の心労も心配されるが、何とか連合王国の「紐帯」としての権威維持を切に願う。

Kei-3
3 days ago

イギリスと日本は、大陸の端に位置する島国(海洋国家)、議会制民主主義の立憲君主制、感情の露出を控えるマインド、茶の文化、左側通行、経済力など非常に共通点の多い双子のような存在。

Kei-3
3 days ago

2019年からウィンブルドンの名物に日本式のカツカレーが加わったとはテニスファンながら初めて知った。カレーのほか、鉄道(新幹線)や海軍艦船部品で「逆輸入」が起きている。明治日本の躍進を技術・資源協力で支えた日英同盟の恩返しであり、その歴史を知ると感慨深い思いがする。

Kei-3
3 days ago

イギリスのアジア太平洋への回帰は日米英の軍協力の形で着実に進展中。また、「富岳」世界一は英企業の役割なくしてあり得ず、技術開発等でも関係構築が整いつつある。日本の「ファイブ・アイズ」参加は英側が熱望するものであり、情報協力のgive and take原則の観点から対外情報機関の創設を急ぎたい

Kei-3
3 days ago

その重要視の度合いとはアングロサクソンの兄弟国と同列に扱う異例ぶり。欧州各国で急速に進む中国離れと敵国認定、当然日本も同調すべし。

Kei-3
3 days ago

新型コロナウイルスの情報隠蔽と混乱に乗じた香港の国家安全法で対中認識に関して堪忍袋の緒が切れたイギリス。EU離脱後の「グローバル・ブリテン」構想の文脈も相まって、経済及び安全保障におけるアジア最大のパートナーに指名されているのが日本であり、メイ政権以降着実に「同盟国」化が進む。

Next Page